バッチフラワーレメディとは


バッチフラワーレメディは、英国の医師「エドワード・バッチ博士」によって 開発された、

シンプルな自然療法で、副作用や習慣性のない癒しのシステムです。

心や感情のバランスを取り戻し、 ストレスを軽減するこのレメディは、

世界中で赤ちゃんからお年寄りまで安心して使われています。

英国内では町のドラッグストアーで簡単に手に入れることが出来、

一般の人から医療関係者まで広く親しまれ、動物や植物にも使われています。

日本国内では1996年から使用されるようになり、近年、健康や育児等の雑誌にも紹介され、愛用者が広がってきています。

 

  詳細はこちらを参照ください↓

一般社団法人 バッチホリティック研究会 ホームページ


バッチ博士とは - Dr.Edward Bach -


バッチフラワーレメディを開発した英国人医師、「エドワード・バッチ博士」は、1930年代、ロンドンで細菌学を専門とする開業医でした。現在でも使われているバッチの7大ノソードというワクチンも開発した、大変に成功した研究者でもありました。

博士は、たくさんの患者の様子を観察するうち、「怒り」・「恐れ」・「心配」などといったネガティブな感情や、それぞれの人の感じ方、物事への対処の仕方のクセが、人間の体に影響を与え、それが病気をもたらすと確信するに至りました。

博士の専門分野であった細菌からではなく、自然界に存在する美しいもので、人間のもつ特定の感情を癒したいと願い、野の花の朝露から発想を得てフラワーレメディを開発しました。

ネガティブな感情に対応する38種類のフラワーレメディと、1種類の緊急用の混合レメディによる、全39種類の癒しのシステムを完成させました。

 

  詳細はこちらを参照ください↓

一般社団法人 バッチホリティック研究会 ホームページ