BFRP(バッチ財団登録プラクティショナー)とは


英国バッチ財団が実施する、バッチ国際教育プログラム(BIEP)のレベル1からレベル3までの全てを受講・修了した後、バッチ財団へ登録することで認定されるバッチフラワーレメディの公認アドバイザーです。

バッチ博士の意図した「セルフヘルプ」の重要性を理解し、対話を通してレメディを選ぶ、クラッシックバッチといわれる方法を大切にしています。

また、セルフヘルプといわれるように、徐々に相談者自身が自分が必要とするレメディを選んで使えるようにサポートしていく役割を担っています。

 

 詳細→ 一般財団ホリスティック研究会ホームページ


バッチ国際教育プログラム(BIEP)とは


80年以上の歴史がある英国生まれのバッチフラワーレメディについて、英国バッチセンターでバッチ博士から直接継承されてきたものを、体系的に学ぶことを目的としたプログラムです。

日本では「バッチホリスティック研究会」のみが開催を認可されています。レベル1から3まで修了すると、「バッチ財団登録プラクティショナー」として、バッチセンターに国際登録することのできる、世界共通の教育コースです。

およそ30数ヶ国でこのコースを修了したプラクティショナーが活躍しています。

 

 詳細→ 一般財団ホリスティック研究会ホームページ


バッチフラワーを学ぶと何ができるのでしょう


バッチフラワーレメディは、日本国内でも一部医療機関で使われ、大学や専門学校などの授業にも取り入れられるようになってきました。

けれども、何よりバッチフラワーレメディを使う上での強みは「セルフ・ヘルプ」にあるといえるでしょう。専門知識を必要とせず、自身の感情を見つめることで、レメディを自分で選んで、精神的な不調をケアすることが出来ます。

それは一時的な感情のこともあれば、人生を通して自らの課題となる、考え方、感じ方、物事への対処の仕方の癖かもしれません。

自分自身を知ること、その気づきが少しづつ、けれども確実に日々の生活へ変化をもたらしてくれることでしょう。

ご家族や身近な人への援助のツールとしてバッチフラワーを使うこともできます。